転職するタイミングを決めよう

 転職したいと思っても、すぐに今の仕事を辞めるわけにはいかないですよね。辞めると決めたなら、引き継ぎの作業もしなければならないので一ヶ月は働くことになると思います。でも転職活動はいつしたらいいのでしょう?一つは、辞職してから転職活動を始めること。もう一つは、今の会社に留まりながら転職活動をすること。どちらもメリット、デメリットがあります。そして後者は、休みも早退も取れない状況の会社であれば、難しい方法です。

 

それぞれのメリット、デメリットとは?

 まず会社に留まりながら転職活動をする方法です。本格的に活動しなくとも、自宅でもインターネットで仕事を検索することもできます。ハローワーク登録者なら自宅でもその情報を見ることができます。ただ会社を辞めるには申告してから一ヶ月かかるとすると、そのときいいなと思う会社があって面接に行けない日時であったり、会社を急に休まなくてはいけなくなったりします。特に転職先が今すぐ人手がほしいというケースも多々あるので、希望に沿えないリスクもあります。しかし働き口を決めてから辞職した方が安心ですし、失業保険をもらうとなるといろいろ手続きも面倒なことが多いです。

 

次に辞職してから活動する場合

 こちらは転職活動だけに専念出来るので、面接の日時や急募の求人でも困ることがありません。何社もかけもちしながら活動するなら身軽であるほうが有利です。失業保険も手続きや条件をクリアしていればもらえるので生活費もそんなに困ることもありません。ただこちらはこちらで無職というプレッシャーから焦りを感じ、ストレスを大きく感じてしまう人も多いです。

 

転職活動で焦りすぎないで

 どちらにしても焦って自分に合わないところに無理して入ると、あとあと自分のためにもならないしまた転職することになってしまうかもしれません。第一条件はなんなのかしっかり決めておき、慎重に会社を見極めて行きましょう。